2009年06月12日

ストップ

シトルリン血症は、遺伝子診断の結果によって病名が確定しますが、その遺伝子検査が鹿児島大でストップしています。問い合わせも繋がりません。

信州大の脳神経内科では、日本人に比較的多い変異なら検索(検査)可能です。又、東北大でも検査できるように準備中。
詳細は、各病院に問い合わせしてください。

同様に長期追跡調査の登録受付などもストップしているようです。





詳細は不明ですが小林先生の体調不良のため。上野先生が産休(に近い)のためらしい。
交流会への参加も難しいと思います。(上野先生は不参加の連絡あり)
シトルリン血症において、常に先頭で走ってきた先生ですので疲れやお体も無理があったと思います。今はゆっくり休んで、元気になって交流会で会えるように願っています。


posted by シトルリン血症の会 事務局 at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもすいません。
すっかり任せっきりで・・・。

今年の交流会は、矢崎先生の講演だけになってしまうのでしょうか?
・・・小林先生も早く復活をして頂き・・・何ていっても佐伯先生は父であり小林先生は母でありますので(怒られるかも?)今はゆっくりと休んで頂きたいですね!

私も少し時間的に余裕ができそうになってきたので、そろそろ色々と活動を広めて行こうと思っています。
頼りないですけど・・・何なりと言って下さいね。

徳島文理ツアーいいですね!!
希望者があればいつでも!といいたい所ですが、佐伯先生が物凄くお忙しくされていますので・・・。

kさんもあまり無理をされませんように。

では、また
Posted by アッタカママ at 2009年06月14日 00:17
不確かな情報ですいませんが、北海道の病院(どこか分かりませんが・・)で遺伝子検査を行っているようです。現在私の子供がかかっている病院からその病院へ依頼を送り、先日結果が帰ってきました。
Posted by マロン at 2009年09月05日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。