2007年05月19日

生のド迫力でガラガラ声に。


内野5.19
外野5.19

ゲームは、姜建銘の押し出し四球(2回)が響き敗退。

李スンヨプ11号の弾道は、ゆっくりと大きな弧を描きスタンドへ。

6回小笠原・李連打のあと二岡タイムリーは、最大に盛り上がった場面。

岩瀬が登板するとあきらめの雰囲気に。

友人とで外野席と内野席を交互に観戦。球場内の行き来は楽でしたよ。

外野観戦は始めてでしたけど、にぎやかでとにかく周りが盛り上がり野球場で観戦したという実感が残る。ゲームも十分堪能できますよ。



ジャビットのパペット(手人形)がかわいかったので、思わず購入。左手にはめながらの応援。


posted by シトルリン血症の会 事務局 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。