2013年11月11日

先週のことですが、


11月3日に信州大学病院にて、肝臓移植患者会がありました。(主催:移植外科)

簡単にレポートします。

・06年(だったかな?)の570例の肝臓移植(全国)をピークにして、年々症例数が減少しています。
 昨年は、430例までに。

・同様に手術可能施設も06年から毎年減ってきています。(医師の減少と関係?)

・10年、法改正により脳死移植も開始されたが、全体の数は変わらず。

・家族(提供者)がドナーカードを持っている場合は、臓器提供の率が高い。持っていない場合は低い。

 終末期医療に関して、普段から家族と話す機会を増やす。ドナーカードを持つ事が大切。

・13年、初めて脳死と生体の移植数が逆転。(あと2カ月ありますが、おそらく再逆転はないでしょう)

・信州大のみですが、近423例で生存率90パーセント以上となっています。

 最近では、症例数が減少して、京都大、九州大等々が上位に。信州大は岡山大にも抜かれ5番目に。


*後半は、疾患別にグループになり話し合いました。

シトルリン班は3名のみ。

最近は、ピルビン酸ナトリウムでコントロール可能なので、肝臓移植は珍しい。

それぞれの昔話に”花”が咲き、大変盛り上がりました。


続きを読む


posted by シトルリン血症の会 事務局 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。