2009年05月31日

手帳

30日朝刊に「重い肝臓病にも障害手帳」の見出し。
http://www.sannichi.co.jp/kyodo/news.php?genre=Science.Environment.Health&id=2009052901001143.xml

シトルリン血症で認定されるかは、現時点では?だが、腎臓と比べて”移植”をした人は少なくても可能性がありそうだ。
だが、腎臓の場合は移植前にも手帳を交付されており、返納しなくても良いという感じ。だから単に”移植”というだけで手帳が交付されるかは不明。

もちろん、高額な薬代負担や一生免疫が弱い状態の生活は変わらないので、前向きに考えてほしい。
シトルリン血症でも状態によっては手帳交付を認めてほしいと。(古典型の状態によって)


続きを読んじゃう?


posted by シトルリン血症の会 事務局 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

100年に1度の危機でも

23日に美里のライブ(愛知勤労会館)に行ってきた。
今回は、高速バスを利用してカプセルホテルに始めて泊りました。

夕方になり、序所に集まる人・・・。
いい歳のオジサンやオバサンになったなァと。

今回は、ツアータイトルも同じなんで昨年発売のアルバム中心かと思ったが。
未発表の新曲、未販売の歌(焼酎CMの)や久しぶりに懐かしい歌、定番と良い意味で裏切ってくれました。

インフル問題や経済危機(不況)等と時代の変わり目を感じる昨今、物の価値観も変わり先行き不透明で不安だらけですが、だからこそ人の心を大切にして時代に流されない「自分を見失わない」ように。


愛知09









続きを読んじゃう?
posted by シトルリン血症の会 事務局 at 17:47| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

雨でしょうか

今週はオークス。2400mと日本ダービーと同じ距離です。この時期牝馬として能力が最重要でしょう。

2−4−7枠 ボックス


*「重」は苦手なんです。

明日は、
続きを読んじゃう?
posted by シトルリン血症の会 事務局 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

エコ

今週は、苦手な女の子限定レース。控えめですかね。

素直にウォッカが調子いい感じ。馬体も海外遠征の疲れも無いように。。。
これを負かす勢いなのが、M.メルベイユ。追切映像は見ずらいが、充実した馬体に魅力。
この下に、リトルを。穴は、サワヤカラスカル。
ザレマは、寂しく見える。カワカミは一時の勢いはもう無い。

*馬券はご自身の判断で購入してください。


エコポイント始まりましたね。
「エゴ」にならぬように注意を。エコ業界による罠に落ちぬよう。「モッタイナイ」を大切に。
本当は、テレビを見ない。暑さもガマン。冷蔵庫も最小にして毎日買い物へ。自動車をやめ自転車や公共交通を利用すればポイント付けばな。




続きを読んじゃう?
posted by シトルリン血症の会 事務局 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

暑いですね。

今日は、カプチーノで「ごっつァん」。
最近、ちょうしいいのよ。

わかる人だけね。

ところで、ネタあるかな。
ボチホチ、講演依頼もしなきゃいけんし。
メールしてね。


*ネタ=交流会での講演内容


続きを読んじゃう?
posted by シトルリン血症の会 事務局 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

病棟さん長年ご苦労様でした〜

今日、通院日でした。偶然にも現在使用中の外来病棟最後の日でした。連休明け(7日)からは、新外来病棟となります。

20歳からココでお世話になり、肝移植をして命を次いで今日も特に異常なく平穏な血液結果。

さて。

新インフルですが、「もしかして・・・」となったら。
通常なら通院している担当科(先生)に連絡し対応しますが、今回は違います。(各自で担当医に確認しましょう)

高熱で、もし?インフルと感じたら地元の保健所に連絡して、指示を受けて行動します。
例えば、、、私の場合。。。
従来なら信州に直行ですが、インフルの疑いがある場合は、保健所に連絡し”おそらく”地元の病院に入院となるでしょう。
そこで自分の体の事(肝移植をした体)を説明する事が重要になります。:信州大から指示を受けながら地元病院での処置となりそうです。

ま〜こんな事にならないことを祈るばからりです。免疫力が弱いハンデは痛いなァ。皆さんも担当医に相談し適切な対応ができるようにしておこう。

全国保健所:http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html


続きを読んじゃう?
posted by シトルリン血症の会 事務局 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。